歌手のYusa WindveiLが新曲のプロモーションを行う際に、各種メディアにリリースを行ったプレスリリース原稿となります。




 プレスリリース





地中海の歌姫 ファーストシングル発売!




「株式会社ザナス(東京都港区南麻布1丁目)」に所属するアーティスト「Yusa WindveiL(ユサ・ウィンドヴェイル)」が2013年12月24日にファーストシングル「Plussian Blue~ into the lake ~」を発売した。


エンジニアは、Dragon AshやHY、Gacktなどを手掛ける飛澤正人氏。ギターとベースは、沖縄県のロックバンドの草分け的存在である「紫(むらさき)」のChris氏が担当する。

自ら”プログレッシブ・アートロック”と名付ける曲調は、感情を表すように、リズムが一定ではなく変化があり、映像が浮かぶような芸術性を重視した音楽となっている。


マルタ共和国を拠点とし、英語・仏語・伊語・西語を駆使し、地中海を中心に精力的に音楽活動を行ってきた国際派のYusa。シングル発売と同時にオープンしたFacebookでは、既に4000近い「いいね!」を集め、海外から高い評価を得ている。


現在、日本での活動展開の一環として、Yusaはゲスト出演可能なラジオ番組を、幅広く募集している。


現在出演が決定しているのは、Do as infinityに楽曲提供を行う等の経験を持ち、TBS「夢の扉」の挿入歌やエンディングテーマを担当した「Vague」の 「vagueのvague'るstudio(朝霞すまいるエフエム76.7MHz)」。ファーストシングルに込めた思いをリスナーに伝える予定だ。


また、Facebookを英語で綴り、海外ファンとの交流を深め、五か国語を話すペンタリンガルな彼女だが、素顔のYusaは感情豊か。謙虚さを忘れない彼女のトークは、ハードな曲調とのギャップも相まって、多くの業界関係者に愛されている。


3月には、セカンドシングルの発売も決まっているYusa Windveil。一度、彼女の曲を耳にすれば、日本でのYusaの活動に、目が離せなくなる。



お問い合わせ
株式会社 ザナス
担当者 柴田
新所在地 106-0047 東京都港区南麻布1-10-4 2F
TEL 090-4817-7351






御社にとって本当に必要な広告

よくあるご質問ページの先頭へ戻る